2017年06月20日

全日本大学駅伝予選!明治本選出場決定!

自分が走るだけじゃなくて他人が走ってる駅伝を観るのも好きな私。



特に箱根駅伝をはじめとした大学駅伝は母校明治を猛烈応援出来るので感情移入しやすくて大好きです。


そんな大学駅伝。


学生三大駅伝と言われてるのがこの3つ!

・出雲駅伝
・全日本大学駅伝
・箱根駅伝



注目度は箱根駅伝がぶっちぎりですが、戦略的にはハーフを走れる人をどれだけ満遍なく配置できるかと山のスペシャリスト育成だけがどこまで出来るか、でそこまで采配に面白味はありません。



一方でスピード駅伝と言われる出雲駅伝!

最長区間でも10kmほどという短い区間が多くて、勢いのある選手が突っ込んで最後までいけちゃうような大会で、最長区間のアンカーでごぼう抜きが見られるのも特徴です。


個人的には明治が箱根駅伝でシード落ちしたので今年の出雲駅伝には出られないのでそんなに興味が湧かないですが(^o^;)




そしてこの前の日曜日に予選が行われたのが全日本大学駅伝!

箱根駅伝と出雲駅伝の中間のような距離が多くて、最終区は20km以上。


しかし前半区間も結構距離が長いため、エースを最初から投入して勝負するかアンカーに投入するか?


個人的には一番戦略性が高くて面白い大会だと思っています。

箱根は関東ローカルですが、全国から選抜された大学が出てくるのも特徴ですかね。


その関東予選は今年浦和の駒場スタジアムで行われていました。


浦和なら応援に行ける距離でしたが予定があったので、Twitterなどで速報を確認してました。



全日本大学駅伝の予選は昨年の本番でシード(上位6位)に入れなかった大学が各大学1組2名×4組の8名の10,000mのトラックレースを行い、合計タイムの良い上位9チームが本選出場となります。


予選会出場チームはゴールデンルーキーが二年生になった東海大学や昨年の箱根駅伝二区区間賞の鈴木選手擁する神奈川大学、学生でリオ五輪出場の塩尻選手所属の順大。


さらに外国人留学生を起用するチームもいて予選とは思えないレベルの高い豪華な顔ぶれ。


明治は上位9チームには入れるはずですが撃沈グセがあるので心配です( ; ゜Д゜)


結果は。。


んーと!途中は省略して明治は最終4組が始まるまでの6人の合計タイムが8位でめちゃくちゃギリギリの位置(>_<)



最後の組は各校のエースが揃う組。



明治はエース坂口選手と二年生中島選手が走ります!



スタートして中盤に差し掛かると中島選手は遅れましたが、坂口選手が塩尻選手と一緒に日本人トップ争いをしている!!!



そのまま7,000m、8,000mとデッドヒートが続きますが坂口選手も譲らない!


譲らないどころかラストスパートで塩尻選手を突き放し、日本人トップでゴール!



タイムは自己ベストの28分35秒台でした!


坂口選手がここまで走れるとは思いませんでした。


元々高校時代は世代トップクラスの選手でしたが、大学1年生の時は箱根駅伝で故障を押して走り、区間最下位。


二年生の時は真性多血症という赤血球が増えすぎる病気で苦しみましたが、やっと本来の実力を出してくれたのは本当に嬉しいです!



このタイムなら順調にいけば箱根駅伝でも区間賞狙えるくらいです。




そんな坂口選手の好走もあり、明治は総合7位、予選突破出来ました!


正直各選手のポテンシャルからしたらもっとチームとして良い順位目指せるはずだし、少し前にチーム関係者とたまたま知り合いなって話したら雰囲気がユルいという
残念な言葉も聞きましたが、ここ1年半くらいのドン底状態は抜け出したのかなとも思います。


あとはひそかに応援している中央は予選落ちでした。藤原監督になっていきなりすぐに結果を出せるところまではいかないようですが、こちらも明治と同じでドン底は抜け出した気がします。


本番に向けて明治には出られなかったチームの分も頑張ってほしいと思います。
posted by 駿介 at 18:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅伝マラソン大会観戦記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック